スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天海玉紀先生のWS「しあわせな手のつくりかた~自分でできる簡単ハンドケア~」

最近体と心のつながりに興味があります。

顔が人それぞれ違うように、手の皺が人それぞれ違う。
しかも体調やその人の考え方・心の変化につれて
手の皺が日々変わる……というのは
自分の体ながら何だか不思議ですよね。

身近な手のひらが教えてくれるメッセージを
受け取れるようになったら面白いなぁと思うし、
また手相は道具無しでその場でぱっと占えるので、
コミュニケーションの手段としても使えるのではないかな?と思ったり(´ω`*)

そんな折に鍼灸師でもある天海玉紀先生Rainbow project♪のワークショップ
「しあわせな手のつくりかた~自分でできる簡単ハンドケア~」に参加して参りました。


ワークショップ当日の4月6日土曜日は、生憎夕方から嵐の予報。
万が一、嵐で電車が止まっても良いように
沿線のカラオケBOXを調べてクーポンと地図をプリントするsyein。

どんとこい嵐。(←力の入れ所間違えてます)


まず手と脳の深いつながりのお話から。
玉紀先生のブログにも掲載されてたホムンクルスの写真。
(脳が体のどの部分にどの程度使われているか、というのを可視化した人形)
cortexman.jpg

手デカ!wwww
口も意外と大きい。
それだけ脳にとって手はつながりが深い場所。
その手をマッサージして悪いわけはない!ということで。


お次に手のひらを「手相」・「経路経穴」・「反射区」でさっくり把握。
同じ人差し指の下でも解釈が違ったりするんだけど
親指の下は総じて「気力」に関わるものだったりするのが面白いです。
……実は「経路経穴」と「反射区」って
同じようなものだと思っていたのですが違うものなのですね。

■経穴-wikipedia

■文士・事物起源探究家 松永英明の絵文録ことのは
 「反射区理論(リフレクソロジー、ゾーンセラピー)の起源を探る」



次にお互いに手を見てぱっと見の第一印象を話すことに。
私が見せていただいた方の手は、形がすらっとして線も細くて、全体的に赤みがある感じ。
他の方の手を見てから自分の手を見直すと
私は線が濃くて細かい線もいっぱい、手の厚みもあってずんぐりむっくりな感じです。
130429.jpg

↑こんな感じw

普段自分の手ばかり見てるので、自分の手を
「これがフツー!王道!みんなこうだよ!」と思い込んでましたが
違うものですね~
より「自分ってこうなんだ( ゚д゚)ホホゥ……」というのが分かります。
人のホロスコープ見た後に自分のホロスコープ見ると「おっ!?」て思うのと同じ現象。

ちなみに
【手の大きさ】
・小さめの手=思い切りがよくて大胆。営業向。
・大きめな手=用心深く慎重派。手先の細かい作業向。

【手の厚さ】
・肉厚で弾力がある=健康的で強い体力の持ち主。
・肉薄で手のひらが扁平=頭脳労働向。消極的。

※頭脳線と生命線の起点が離れている人=行動派・活発(じゃじゃ馬)

とのことで……
小さめで肉厚、頭脳線と生命線の起点がくっついてる私は
「体力があるのにあまり行動派ではない。しかし時々思い切った行動にでる」みたいな感じでしょうか。


で、実践として重要な経穴(ツボ)も教えていただき、自分で押してみることに。
が、図を見ながら自分で押しても「???」とイマイチ反応が……
しかし玉紀先生やかななさん(プロ)にやっていただくと「ギャーーーーー!」というほど痛いんですよ!w
違うとこ押してたんだ自分wwwww
玉紀先生のほっかほっかの手に包んでいただいてのマッサージは
抱擁力&安心感にあふるる極楽でした(´∀`*)ウフフ


他にも笑いヨガあり、気の暖かさの比べっこありwの盛りだくさんだったWS。
嵐が来る前に無事お開きに。


夜、家で土砂降りの雨の音を聞きながら
弁舌さわやか&金運アップをもくろみつつ
小指下のマッサージをがんばるsyeinがいたのでした。
ちゃんちゃん♪

今後は「一人(二人)で手相をみながらじっくりマッサージ」の講座とか
とか「手相で簡単コミュニケーション術☆」みたいなWSを
期待しております玉紀先生(´∀`*)



ところで、先ほどの手の写真は今朝撮影したものなのですが

……今自分の手を見たら、青筋が!
(※手のひらの青筋=うっ血。便秘や過食により、腸が張っていたり疲れている)

cake.jpg

炊飯器ホットケーキを1日で完食したの、何故ばれたしorz
ううう手のひら正直。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。